営業話法集
応酬話法 クロージング話法 営業精神論 お勧めリンク 身だしなみ




↓調べたい話法に関連する語句を入力して下さい。↓


スキルアップ

今日のお題目はスキルアップ。
営業マンがお客様に商品を売りたいと思ったときに必要なスキル。
商品知識です。
最近粋のいい新入社員を指導しています。
人間関係を作ることに慣れていて、話口も非常に流暢(私よりも随分話し上手です)。
誰とでもすぐに仲良くなれるような将来有望な社員です。
しかし、入社して半年以上も経過するのに商品知識がない。
これでは、どんなに話が上手くても売れるものも売れません。
例えば…
希望の車を購入しようと思ってディーラーにいきました。
オプションを要望しているのに、
『この車はオプションで電動シートを付けることができますか?』
『たぶんつくと思いますよ。』
自分が気に入っているので、どのくらいの売れ行きかを知りたいのに…、
『この車は月間販売台数でどのくらいですか?』
『さあ。そこまでは分かりかねます。うちの店ではそこそこ売れていますよ。』
如何ですか?
私なら、その店から買うのをやめます。
商品知識・それに付随する周辺知識は営業マンが持つべきスキルの基本中の基本です。
口下手な私ですら営業成績を挙げれているのはそのためです。
ごく、当たり前のことを言います。
その商品知識を会社で実績を挙げるためだと思うからいけないのです。
自分自身の糧になると考えてみましょう。
これからのご時世は一社で生涯勤めきる事は考えにくいと思います。
それができれば最も好ましいのですが、自分の意思に関係なく勤務できない状態もありえます。
自分の事を常に磨いていれば、どんな状況でも対応できる人間にいつかはなれるはず。
自分を磨くことを常々考えましょう。
勿論、会社で実績を挙げて出世したいと思う人ならかまいません。
どんどん会社の為と思って知識を身に付けましょう。
しかし、当サイトにたどり着いた方の多くは、自分の実績が思わしくなく、なぜだろうと思っている方と推察します。
会社への忠誠心もそれほどなく、いつかやめてやると中途半端な状態で仕事をしているのでは??
言い過ぎましたが、要はやる気です。商品のことを覚える『気持ち』をもてるかどうか。
会社が不満ならやめたら良いと思います。しかし、今の状態ではどの会社に言っても同じ事だと考えます。